リロケーションとは

RELOCATION=移転または配置転換

リロケーションとは転勤者の留守宅を賃貸管理する業務です。安心できるリロケーションサービスとは細かい部分にわたる情報提供と、入居から退去までのサポートです。主要都市のリロケーション物件(建築年数や通勤の便など)の相場をご紹介します。

日本では、「リロケーション」とは英語の「relocation」(移転または配置転換)からとったもので、本来の移転や再配置の本来の意味から転じて、転勤の間に留守になる自宅を管理してくれる、不動産会社のサービスを指します。
リロケーションが広まり始めた理由として、借地借家法が大幅に改正され、平成12年(2000年)3月1日付けで施行された「定期借家権」により、一定期間経過後に契約を終了することが法的に可能となり、転勤者の留守宅管理を指す「リロケーション」を希望する個人が増加したことが挙げられる。
欧米を含む、海外では言葉の意味どおり、リロケーションサービスをグローバルで移転・配置転換(転勤)をサポートするサービスとなるようである。アメリカで生まれた産業だが、日本の転勤者の留守宅管理を指す用語「リロケーション」は異なった意味を持つようである。
欧米グローバル企業では転勤に伴いリロケーションサービス会社を起用しているようだ。本来のリロケーションサービスとは、留守宅管理ではなく、転居に伴う手続きに必要な海外引越・ビザ取得・航空券手配・家の売却と手配・税務・子女教育・売却相談まで転勤手続きをあらゆる面でサポートするサービスをさすようだ。欧米社会では、転勤にあたってマイホームを空き家にする価値観は無く、売却という考えが中心となり、欧米リロケーション会社の収益に占めるマイホーム売却とそれに伴う税務手続きは多大であるといえる。
日本においてはどうだろう「折角買った夢のマイホーム」ということで転勤終了後は我が家に戻りたいという価値観があり、そのため転勤期間中の空き家になった自宅の管理というニーズが大多数であった。ところが空き家にしている間もローン返済は続き、それを補うために賃貸をしたくても、定期借家権がない時代は自分が帰国するときに明け渡してもらえないという法律上のリスクが多分にあった。
日本で初めてリロケーションサービスが開始されたのは、1984年にリロケーション専門会社が設立されたようである。当初、欧米流リロケーションサービスとしてマイホーム賃貸だけでなく、転勤による雑事一切をサポートするサービスを展開したが、転勤期間中の自宅を賃貸し、帰任時に明け渡しができるサービスが市場に受け入れられ、またテレビCMも影響してこのサービスが注目された。今まで転勤者の自宅を、売る/空き家にする という2つの選択肢に加えて、賃貸するという選択肢が増えた。帰任後に自宅に戻りたいというニーズに合致し、サービスの急激な拡大とともに日本国内においては"リロケーション”という言葉が“転勤者の留守宅管理”を指す用語として使われるようになったのである。

2000年以降、定期借家法が施行されたあと、法律上も期間を限定して貸せるようになったため、不動産賃貸会社がリロケーション・サービスを提供するようになってきた。しかしながらアパート大家と違い、不動産法律に不慣れな転勤者オーナーとの対応や、分譲マンション/戸建という第三者に貸すことを前提に建てていない仕様・運営から発生するトラブルに困惑している不動産賃貸会社も出てきている。そのような中で特殊な賃貸運営であるため不動産賃貸会社の経験とノウハウを付けてきた不動産賃貸会社では賃貸業務として最も重要なテナントをご紹介する力。客付け力を強みとして従来のリロケーション会社とは異なる手法で、管理手数料などの割安感を引き出し、リロケーションを利用される転勤者にも選択肢が増えている。
そこで、転勤や住み替えが決まった、あるいは空き家を貸しに出す等の理由で、いざリロケーションというサービスを利用したい時は、まず地元の不動産の中でも地域密着型のリロケーションを専門とした不動産会社を確認して相談することが増えている。
こういった不動産賃貸会社やリロケーション専門会社又はリロケーション不動産賃貸会社の中から相談先を選ぶ際には、管理物件数・取扱い実績だけでなくサービス内容、地域への密着性などに注目し、比較検討することが大切です。必ずしも大手不動産会社なら安心、というわけではありません。
例えば、京浜東北線沿線にある物件についてリロケーションを依頼したいのであれば、京浜東北線沿線に強力な地盤をもつ、地域密着型のリロケーション不動産賃貸会社の方が、大手よりも良い運用をしてくれるかもしれません。但し、リロケーション不動産賃貸会社はなかなか少ないものです。
リロケーション会社の契約に介在する方法としては3つの形式がある。

1:転勤した建物所有者の代理人としてテナントと賃貸借契約を締結する形式

2:転勤した建物所有者とテナントが賃貸借契約を行い、その仲介業務を行う形式

3:転勤した建物所有者からリロケーション会社が賃借して、テナントと転貸借契約を締結する形式


転勤者自身が近郊に転勤する場合や不動産賃貸の経験が豊富な転勤者は自らが契約当事者となるケースはあるが、海外へ転勤する場合や不動産賃貸を行ったことがない転勤者はリロケーション会社から契約当事者としてのリスクや義務を十分説明を受けて選択する必要があるといえよう。
昨今の日本企業のグローバル展開が急激に進む中で、リロケーション会社の果たす役割は変わりつつあります。各社企業によりサービス状況が異なり目指す方針が異なるようです。
  • リロケーションのJMA 無料の売却審査依頼
  • 漫画でわかる、「賃貸オーナーへの道」リロケーションバージョン

Copyright © 2008-2009 JMA All Rights Reserved.