住まいの税金講座

JMAの魅力

 分譲マンションを賃貸として人に貸すときには、アパートや賃貸マンションの賃貸経営とは違い、特別な注意が必要となります。そこで分譲マンション賃貸の専門的な知識・経験を積んできた者が全国から集まり、このJMA(日本分譲マンションリース協会)が誕生しました。JMAのメンバーは定期的に集まり、全国各地の情報収集・事例研究、そして商品開発をおこなっております。
  • JMAの3つの特徴

    ■特徴 その1
    全国には、いろいろな不動産会社や団体が存在しております。
    JMAとは、分譲マンションの賃貸オーナー様の「貸したい」を専門にサポートする、全国唯一の団体です。

    ■特徴 その1
    アパートや賃貸マンションを経営するプロの大家さんとは違い、分譲マンションを貸す殆どの大家さんは素人の大家さんです。
    JMAとは、賃貸経営素人の大家さんに、きめ細やかな対応と安心できるサービスを提供しております。

    ■特徴 その3
    賃貸取引とは、全国各地で様々な常識や習慣の違いがあり、各地域の取引に精通している者でなければいけません。
    JMAでは、各地域の取引に精通し、実績のある不動産会社が、実際の実務を担当いたします。


    分譲マンションを貸すときの3つの注意

    一般的な分譲マンションは、賃貸することを目的として建設されたものではなく、所有者自らが居住することを前提として建設されております。そしてアパートや賃貸マンションには無い管理組合が存在し、いろいろな規則やルールを遵守しなければなります。分譲マンションを貸すときには、これらの背景を十分に理解しなければ、大きなトラブルが発生してしまいます。

    ■ 注意その1…管理規約や使用細則の理解
    分譲マンションには区分所有法という法律に沿って、「管理規約・使用細則」というものがあり、居住者へマンション内の規則やルールを遵守させております。分譲マンションを貸す大家さんのみならず、お部屋を借りる方にも、「管理規約・使用細則」を十分に理解させましょう。

    ■ 注意その2…どんな人に貸すのか
    ただ単純に高い家賃で貸すだけでは、後々のトラブルが予想されます。他の居住者に迷惑を掛ける方、お部屋を大事に使わない方、家賃を滞納する方など、トラブルメーカーに貸してしまったら大変です。どう貸すかより、どんな人に貸すかを第一に考えましょう。

    ■ 注意その3…こんな不動産会社は要注意

    こんな不動産会社は要注意
    ひとえに不動産会社といっても、建築・売買・賃貸など、いろいろな分野に分けることができ、さらに賃貸業に関しては、大きく3つに分けることができます。
    ①賃貸経営業自らマンションやビルを所有し、大家さんとして家賃収入を目的として賃貸経営を行う業。
    ②賃貸仲介業お部屋を探している方へ物件を紹介・斡旋し、お部屋を借りた方から仲介料をいただく業。
    ③賃貸管理業大家さんから建物・入居者の管理の依頼を受け、大家さんから管理手数料をいただく業。

    お部屋の賃貸を不動産会社へ依頼されるときには、③の賃貸管理業を得意としている不動産会社へ依頼しましょう。
    分譲マンションを貸すときの3つの注意
  • リロケーションのJMA 無料の売却審査依頼
  • 漫画でわかる、「賃貸オーナーへの道」リロケーションバージョン

Copyright © 2008-2009 JMA All Rights Reserved.